公務員におすすめの生命保険の選び方

生命保険

あくまでも個人的な見解ですが、誤解を恐れず言いますと、

シュウ

公務員の多くは、生命保険や医療保障を必要以上に掛け過ぎです!

公務員の方って、生命保険に限らず医療保険やがん保険など、ありとあらゆる保険に加入し過ぎで、無駄な保険料をたくさん払っている人が圧倒的に多い!!!

共済組合の公的医療保険に入っているだけでも十分なのに、それ以上の保険加入は保険料負担が増えるばかりで、お得なことは少ないって知らない人がかなり多いですね。

生命保険とか医療保険とか、そういった諸々の制度に疎い人は、あまり深く考えずに「保険には入った方がいいよね!」という軽い気持ちで保険に加入してしまうんでしょう。

生命保険料って、1ヶ月1万から2万ぐらいで、『これぐらいなら大した額じゃないし良いかな?』って思っているようですが、保険加入期間中に支払う金額の累計は、高級外車を買うよりもず〜っと高いんですよ!

シュウ

  軽い気持ちで加入するほど、生命保険は安い買い物ではありません!

私も最初は労働組合の保険に、半ば強制加入させられていました。

まぁ、労働組合の保険(団体生命保険)はメリットがかなり多いので、加入していても問題ないのですが、冷静に考えると不要な部分もあったので、見直しましたよ。

独身の時に手厚い保障は全く必要ないですからね。

「別にお金に困っていないから、保険代の1万や2万はどうって事ない!」

って方ならいいですけど、それでも無駄なお金を払うのは嫌ですよね?

大事なお金をドブに捨てないために、ご自身の保険について、改めて考えてみましょう!

ということで、今回の記事はFP公務員の私が『公務員のための正しい生命保険の選び方』について解説します。

まずは、あなたが加入すべき保険について調べてみましょう!

関連記事公務員が民間の医療保険に加入する意義はない!の真意と保険見直しの必要性を考察

保険に加入しすぎ!保険で損をしている公務員の特徴

いきなり辛口でぶった切ります!

生命保険に加入しているけど、実際のところは損をしている方をピックアップしてみました。

一般的には賢いと思われがちな公務員ですが、「損をしている」ということは、簡単に言うと保険会社のカモになっていると言うことです。

  • 保険の仕組みを理解せずに同僚が入っているからと言う理由で契約する思考停止な人
  • 「一番いい商品に加入すればいいんでしょ!」と最上級を意識する思考停止な人
  • 「どれがいいか分からないから、とりあえず真ん中で!」と無難に攻める根っからの公務員気質な方
  • 「自分は必要ないけど、嫁さんと子供には手厚く保険をかける!」と言う変な思いやりがある方
  • 保険の外交員のセールストークに弱く、複数の保険に加入している人情味がある方

他にもいろんなパターンがありますが、上記の5つのパターンに該当する方は、かなりの確率でカモられています。

上の特徴を見ると、何かわかりませんか?

答えは「生命保険の仕組みを理解せず、根拠を持って自分の意思で保険を選んでいない」と言うことです。

これではダメですね。カモられます。

でも大丈夫です。この記事でしっかり解説するのでポイントを抑えてくださいね。

まずは、「あながた加入すべき生命保険の保障金額」を調べる必要があります。

適正な保険金額っていくらぐらいだと思いますか?

適正な保険金額とは?

結婚して子供ができたら、最低でも死亡保証5000万円ぐらいの保険には入った方がいいですよ!

この勧誘文句は、お昼休みの職場に訪れてくる保険の外交員の方が良く使う一般的なフレーズです。

この言葉を聞いて、『そうだな〜、保険屋さんが言うんだから間違いないはず!よし、保険に入ろうかな?』っていう素直な公務員の方は、今の時代少ないと思います。笑

でも、ゼロじゃないんですね〜。加入してしまう人がいるんです。

なんとももったいない。。。

この勧誘は、1本でも多く契約を取りたい外交員の方のセールストーク!このトークに乗ってしまうと、将来数百万円の保険の出費が増えてしまいます。

これらのフレーズで紹介される保険商品は、「絶対無駄!」とは言いませんし、中には加入した方が良い商品もあります。

大事なのはその保険の中身です。

たとえ、結婚して子供ができたとしても、5000万円の死亡保証は必要でしょうか?

そこを考える必要があるんです。いくらの保険に加入すべきかを。

必要な保険金の算出方法

あなたが本当に必要な保険金っていくらだと思います?

  • 20,000,000円
  • 30,000,000円
  • 50,000,000円

これは、簡単に算出できますので、ちょっとお付合いをお願いします。

生命保険を簡単に言うと、『保険に加入している方が亡くなった場合や重度の障害を負って、寝たきり等の状態になった場合に支給される保険』です。

給料をもらっている現役時代から、不測の事態に備えましょう!

というのが生命保険の基本的な考え。

では例えば、現在の年齢が30歳で、奥さん(共働きの公務員)とお子様(2歳)が1人いる場合、どれぐらいの保険に加入する方が良いのでしょうか。。。

FP資格(ファイナンシャルプランナー)を有するわたしは、自分なりに試算して次の結論に至っています。

生命保険の加入は不要!

ただし、どうしても入りたいなら民間の定期保険は無駄なので終身保険に加入しましょう!

共働きの3人家族という先ほどの条件に限定すると、生命保険に加入するメリットは正直に言うとありません

もちろん、保険加入中に亡くなってしまった場合は、保険金があなたの家族に支払われます。その時は今まで支払った保険料以上の保険金が振り込まれるでしょう。

でも、その保険金って必要なんでしょうか?

奥さんが専業主婦ならまだしも、育児休業を取得して、出産後も勤めることが可能な公務員の場合、奥さんにも経済力はありますよね。

(贅沢せずに)頑張れば子供さん1人を大学にまで行かせることは十分可能なわけです。

つまり、旦那さんの保険金がなくても、十分生活していけるんです。

それに、旦那さんの死亡に伴う『退職金』『埋葬料(共済組合から支給)』『遺族共済年金(年齢などの条件によって出ない場合もあります)』などが支給されるので、十分生活の足しになるのです。

たしかに、生命保険でまとまったお金がもらえると、奥さんは安心でしょう。保険金には、ご主人さんを無くした精神的ショックを幾分か和らげてくれる効果があるかもしれません。

でも、それって確率的にはかなり低いんです。現職中にサラリーマンが死亡する割合って、約0.8%と言われています。

その0.8%の確率のために、私たちは何百万円という保険料を支払っているのです。

0.8%の確率に 毎月数万円

だから、私は『公務員共働きの家庭には、定期保険は不要!どうしても保険に入りたいなら積立目的がある終身保険!』という考えなんです。

家族のために残したいお金

上記の考えは、保険制度を否定しているのではなくて、公務員にとっての保険の必要性を書いただけです。しかし、これらの考えとは真逆の行動をされる方はとっても多いのが現実です。

生命保険に関して、どうしても加入したい人ってやっぱりいるんですよね。これは、国民性だからしょうがない。

将来が不安だから、ちょっとずつ保険料を払って安心を買うんだ!

そう考える人に対して、『保険なんて意味ないよ!』って話ししても納得してもらえないんですよね。ということで、ここからは、生命保険に入って安心を買いたい方が喜んでもらえる記事を書いてみます。

あなたが家族に残したいお金っていくらですか?

・・・?

急にこんな質問をしてもなかなかわかりませんよね。無邪気に『1億円!』なんていうのは何も考えていない証拠です。笑

現実的にはどれぐらいのお金を家族に残すと、家族は安心するのでしょうか?では、具体的に数字を見てみましょう!

やっぱり2000万円は必要?

ここで言う家族っていうのは、子供が中心です。

子供の学費なり、成人するまでの養育費に相当します。0歳児から22歳で大学を卒業するまでに必要なお金は、全て公立を通ったとしても、最低2000万円は必要と言われています。

これが、私立大学に通ったり、下宿したりすると、この金額は跳ね上がりますけど、大体は2000万円から2500万円の間と言われています。

参考文献ベネッセ「子育てにかかる費用」

生命保険に入ると、この学費の支出は、不測の事態があっても賄われる安心感はあります。

つまり、生命保険というのは、将来の家族へのプレゼントなわけです。

このプレゼントの形が、『生命保険』であったり、『貯金』であったり、『不動産』であったり、、、形は違うけど、未来の子供に対するプレゼントという意味では同じなんですよね。

先ほど、『公務員は生命保険は不要!』って書きました。これは今でも変わらず思うことなのですが、その考えは『浮いたお金で遊ぼう!』ってことではありません!

未来ある子供のために、自分の好きなことを1つ我慢して、それを『生命保険』『定期預金』『株』といった資産を作り、未来の子どもに渡してみてはいかがでしょうか。

それって、ホントに素敵なことだと思います。

公務員に適した生命保険とは?

では、最後に公務員にオススメの生命保険を紹介しますね。

とは言っても、実は、『生命保険にオススメなんてない!』というのが答えなんです。全ての方にお勧めできる保険商品はありません。その理由は、

人それぞれニーズが違うので、どれが一番オススメか判定できないから!

考えてみれば当然のことなのですが、全ての方が満足する保険商品などないわけです。

生命保険や医療保険というのは、ユーザーのニーズに沿って、必要な保証を組み合わせていくのが一番理想なのです。

両親や祖父母がガンで亡くなっているのに、ガンの保証が少なかったら意味ないし、子宮がんワクチンを接種しているにもかかわらず婦人系の保証が手厚すぎるのも考えものです。

結局、全員にオススメできる保険商品というのは、あらゆる保証内容が付いている商品になるのですが、そうなると、保険料がかなり高くなります。無駄なお金を払ってしまうんですよね。

それに保険商品というのはかなり複雑です。保険の素人が商品全てを理解することはほぼ無理。(セールスレディーの方も理解してもらおうって思っていませんからね。)

ではどうやって商品を選ぶのか?

もし、保険選びに自信がないなら、「商品知識が豊富な保険のプロに相談する」という方法があります。

プロというのはファイナンシャルプランナーのことです。

(私もFP資格を保有していますが、ここで言うのは業務として行っているFPの方です。)

保険のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談といっても、今は無料で相談できるところが多いので、心理的抵抗はほとんどありません。

百戦錬磨のファイナンシャルプランナーたちが、個人のニーズを的確に把握し、

  • どれぐらいの保障が必要なのか?
  • どの保険に加入すればいいのか?
  • 家族の保障はどうすればいいのか?
  • 公務員の年金との兼ね合いはどうか?

この辺りをしっかりと相談に乗ってくれます。

しかも、FP相談サービスはインターネット経由で簡単に申込みできるし、職場の近くのカフェでも相談できるので、手間が増えません。

よく、『保険の外交員さんの勧誘って、ちょっと断りにくいよね。FPさんも同じじゃないの?』って意見がありますが、FPサービスは保険会社の外交員さんではありません。

そのため、無理な勧誘はありません。もしあなたに強制的に加入するよう勧誘したとしても、FPサービスの会社に電話すれば簡単にFPの交代や相談を中止することができます。

シュウ

今は保険商品を選ぶ際はFPに相談する人がかなり増えているので、予約が少し取りにくい印象があります。

人気のFP紹介サービスまとめ

FPサービスを行っている会社は幾つかありますが、評判や実績、そして当サイトからお問い合わせ件数をもとにランキングすると次のようになります。

FP紹介サービスランキング

わたしも保険見直し本舗をオススメしています。

全国展開されているFP紹介サービスなので、ある程度地方でも対応してもらえますので、気になる方はネットでお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

しかも、相談料は無料!さらに、タイミングによってはキャンペーンもあります。

保険の無料相談をしてキャンペーンが受けられるFPは、今のところ保険見直し本舗さんだけです。

生命保険や医療保険に限らず、あなたの保険に関する悩みにすべて相談に乗ってくれて、ベストな保険の組み合わせを提案してくれるFPさんを紹介してくれるので、興味がある方は、一度無料相談されてみてはいかがでしょうか。

 

\完全無料&相談だけでもOK/

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://www.hokepon.com/

このブログを書いている人
読んでくれてありがとう!

シュウ
シュウ
現役副業公務員

ある都市の現役地方公務員の30代既婚男性です。年収650万円に加え、副業で約1900万円を稼ぎ、年収が2500万円を超えました。

このブログでは、そんな私の「お金に対する考え方」を投稿しています。

稼ぐよ〜^^

このブログにはコメントを残せます

この記事に関する感想や質問、ご意見など、なんでも結構ですので、コメントを残してくださいね^^

もちろん匿名でOKです。

頂いたコメントには2日以内に返信させていただきます。
(コメントはこの記事の下にあるコメント欄から送信できます。)

新着記事はこちら

  1. 公務員がブログやアフィリエイトなどのWEBサイトの運営で得られたスキル
    2019年9月14日
    公務員がブログやアフィリエイトなどのWEBサイトの運営で得られたスキル 」を投稿しました
  2. 副業禁止の公務員が合法的にアフィリエイトで稼ぐための具体的な方法と裏ワザ
    2019年9月10日
    副業禁止の公務員が合法的にアフィリエイトで稼ぐための具体的な方法と裏ワザ 」を投稿しました
  3. 公務員から民間企業への転職
    2019年9月8日
    公務員から民間企業に転職する場合に注意しておきたい3つのポイントと転職手順 」を投稿しました
  4. 現役公務員shiroの FX投資戦略& 手法を解説
    2019年3月18日
    【長期運用でローリスク】現役公務員シュウのFX投資戦略&手法を大公開 」を投稿しました
  5. 確定拠出年金
    2017年12月24日
    【イデコの税制優遇効果はどれぐらい?】毎月1万円を運用利回り1%で積み立てた場合 」を投稿しました

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA