公務員が車購入時に借りる共済組合の普通貸付は本当にお得なのか?

すべての公務員が加入する共済組合。

その共済組合は、職員に対する福祉事業の一環として資金の貸付事業を行っています。

このページでは、貸付事業の1種として実施されている普通貸付を使って車を購入した場合のメリットやデメリット、他の民間ローン会社などとの比較をしながら普通貸付を徹底検証してみます。

  • どんな制度?
  • 審査はどうなの?
  • メリットはどんなとこ?
  • 民間で借りるのと比べるとどっちが得か?

このような観点で詳しく説明しますので、これから車を購入しようとお考えの方は、ぜひご覧くださいね。

注意

共済組合が実施する福祉事業は、各共済組合によって実施している内容が大きく異なります。そのため、自動車購入時の普通貸付を実施していない共済組合も多数存在します。

自動車購入時の貸付を実施しているかどうかは、各共済組合のホームページをご覧くださいね。

スポンサーリンク

shiro

【お知らせ】
この記事の最下部にアンケートを設置しています。今日のアンケートは「公務員の貯金額について」です。

公務員の貯金額のリアルな数字が見えてきますので、ぜひ参加してくださいね。

共済組合の普通貸付ってどんな制度?

自動車ローンと普通貸付

共済組合の普通貸付は、各共済組合が余裕資金(元々は年金資金の一部)を利用して、組合員(公務員である職員)の福祉向上を目的に資金を貸し付けている制度です。

ただ、共済組合には「目的が自動車購入・自動車修理に特化した貸付」というものは存在せず、生活資金のために必要な貸付として普通貸付が存在しています。

なので、あなたが属している共済組合が普通貸付を行っていれば、自動車購入を目的に普通貸付を借り入れることができるのです。

さて、この普通貸付ですが、実施している共済組合と実施していない共済組合は存在していることに加え、制度の内容も各共済組合によって異なります。

そこで、あくまでも一例として各共済のうち代表的な共済組合の制度を掲載してみます。

国家公務員共済
(例:国土交通省)
地方職員共済 市町村職員共済
(例:大阪府)
公立学校共済
貸付額 給料月額の6倍の範囲内 給料月額の6倍の範囲内(限度額200万円) 給料月額の6倍の範囲内(限度額200万円) 200万円
償還回数 90回 120回 60回 120回
金利 4.26% 2.66% 2.66% 2.72%

いかがでしょうか。各共済組合によって制度は大きく異なりますね。

国家公務員共済組合(国共)と市町村職員共済組合(市共)については、代表例を掲載しています。

それぞれどの共済に加入しているかで異なりますが、上記の国共や市共は、それらの共済組合を組織する連合体(国家公務員共済組合連合会や全国市町村職員共済組合連合会)があり、そこである程度の基準を決めていますので、基本的には制度は同様のようです。

上記の国家公務員共済組合については、貸出金利が4.26%となっており、他の共済と比べてもとても高くなっています。

国家公務員共済が高いのか、それとも他の共済が低いのか、この答えは、共済同士を比較しても見つかりません。比較すべきは民間のローン会社が貸し出している金利と比べる必要があります。

ろうきんのマイカーローンと普通貸付の金利差はごくわずか?

自動車ローンと普通貸付

民間の自動車ローンを利用して車を購入すると、金利はどれぐらいになるのでしょうか。ここでは、多くの公務員が利用している労働金庫を例にとり車購入時のローンについて比較します。

労働金庫の自動車ローン、その名も「マイカーローン」は一般のローン会社と比べて借りやすく手続きも簡単なのでオススメです。では、共済組合の普通貸付と比べるとどうでしょうか。

国家公務員共済
(例:国土交通省)
労働金庫(マイカーローン) 地方職員共済
貸付額 給料月額の6倍の範囲内 1,000万円 給料月額の6倍の範囲内(限度額200万円)
償還回数 90回 120回 120回
金利 4.26% 2.70% 2.66%

上記を見ると、国家公務員共済と労働金庫を比較すると、やはり金利は労金の方が圧倒的に低いですね。

一方、労金と他の共済組合(ここでは地方職員共済組合)とを比較すると、わずかではありますが、普通貸付の方が金利は低くなります。

しかし、普通貸付の貸し付け上限額は200万円と決まっていますので、200万円以上の車を頭金なしで購入する場合は、普通貸付だけで車を購入することがで出来ませんから、必然的に民間のローン会社を選択肢に入れる必要があります。

頭金や下取りがある場合は別ですが、ワンボックスカーなどを新車で購入する場合などは、200万円超えが一般的であり、このような場合は普通貸し付けでは間に合わず自動車ローンのお世話になる必要があります。

では、共済組合の普通貸付の魅力は、民間との0.4%の金利差だけなのでしょうか。実は、共済組合の普通貸付の魅力は、金利が低いというだけではありません。もっと重要な役割が隠されているんです。

共済組合の普通貸付の魅力は審査の甘さ?

自動車ローンと普通貸付

当然のことながら共済組合は金融機関ではなく、法律で定められている福祉事業団体です。

そして、その共済組合で従事している職員は、共済組合専属の職員もいれば、公務員が人事異動の部署として配属されている場合もあります。

つまり、金融機関職員ではないわけです。

そうなると、貸付の審査は民間のローン会社のような厳しい審査ができないのが実情です。

また、金融機関が資金を貸し付ける際に、その方の現在の借り入れ状況を閲覧することができる信用情報(ブラックリストもここに入ります。)も、共済組合は閲覧することができません。

共済組合の貸付事業は、資金の融資というよりも、社内貸付の意味合いが強いため、貸金業法のような総量規制(年収の3分の1までしか借り入れできない)の対象にもなりません。

まとめると、

  • 審査が比較的甘い(誰でも借り入れできる)
  • 消費者金融や信販会社から借り入れていても借り入れ可能

のような特徴があるのです。これは、決して「制度を悪用して借金してください!」と言っているのではありません。

共済組合でも債務不履行者(借金を返さない者)はゼロにしたいので、独自の審査を実施しているところもあります。

また、公務員である以上、最後は退職金が支給されますので、債務不履行となれば最後は退職金で利息も含めて綺麗さっぱり控除されますので、あまり無理な借り入れは自分の首を絞めるだけです。

いくら審査が甘いからといっても、本人が自覚を持って借り入れる必要があるのは民間ローンとも同じと言えるでしょう。

車購入時の普通貸付は本当にお得なの?メリットは?

公務員の自己破産

これまでのことを総合的に勘案すると、車購入においては、共済組合の普通貸付を借りるメリットはあまりないでしょう。

メリットがある場合は、

  • 国家公務員以外の公務員である
  • 借り入れ金額は200万円未満
  • 共済組合から他の貸付(住宅ローンを除く)を借りていない
  • 民間の自動車ローンを探すのが面倒な方
  • 最安値金利じゃなくても手続きが楽ならそれでいい!とお考えの方

これらすべての条件に該当する方は、共済組合の普通貸付を利用して自動車購入してみるのがいいでしょう。

昨今の低金利・ゼロ金利によって、民間の自動車ローン金利も下がりつつあります。

一方、共済組合の普通貸付金利は制度の縛りがありますので、一番低い金利でも2.66%を下回ることができません。

情報提供

貸付金利2.66%ですが近年「改正」の動きが出てきているようです。

つまり、2.66%から下がり、超低金利の国内の金利動向に寄せていく可能性があるようです。そうなれば共済組合の普通貸付もお得でしょうね。

少しでも低金利で自動車ローンを組みたい場合は、必ず民間のローン会社を比較検討しておく方がいいでしょう。

スポンサーリンク

このブログを書いている人
ワハハハハ〜!

shiro
shiro
FP資格アリの現役公務員

ある都市の現役地方公務員の30代既婚男性です。年収650万円に加え、副業で約1900万円を稼ぎ、年収が2500万円を超えました。

このブログでは、そんな私の「お金に対する考え方」を投稿しています。

稼ぐよ〜^^

このブログにはコメントを残せます

この記事に関する感想や質問、ご意見など、なんでも結構ですので、コメントを残してくださいね^^

もちろん匿名でOKです。

頂いたコメントには2日以内に返信させていただきます。
(コメントはこの記事の下にあるコメント欄から送信できます。)

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA