公務員にオススメのクレジットカードランキング【2019年版】

shiro

この記事では、審査の心配が比較的少ないという特徴がある公務員の方にとって、ベストなクレジットカードを紹介しています。

もちろん、万人に共通してオススメできるクレジットカードというのは存在しません。

そのため、この記事では「ニーズ別」で厳選したカードをランキング形式で紹介します。

さて、公務員のあなたは、クレジットカード申込時の審査で落とされる心配が少ない身分を持っています。

審査で落ちる心配が少ないと言う事は、一般的なカードからハイクラスのカードまで、幅広いラインナップから作りたいカードが作れると言う事です。

つまり「選び放題」と言うわけです。

これは、公務員や大企業の社員だと当たり前に思いがちですが、「審査を気にせず選び放題」と言うのはかなり恵まれています。普通の企業や自営業だと、普通に審査落ちするケースが多いですからね。

信用力が高いため、ある程度のカードなら作れます。あとは「どのカードを選ぶか?」と言うことだけです。

公務員におすすめのクレジットカード

上記の例のように、カードの目的も様々なニーズに分かれます。

shiro

50枚以上のクレジットカードの中から、それぞれのニーズに合ったベストなクレジットカードを厳選し紹介していますので、「どのカードを作れば良いのかな?」と悩んでいる方は、この記事で紹介しているカードを選ぶと間違いないでしょう! 

年会費無料でポイント還元率が高いクレジットカードベスト3

ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶポイント

クレジットカードの利用額に応じてポイントが還元される仕組みはどのクレジットカードにも付帯しています。しかし、そのポイント還元の仕組みは各社で異なります。

一番注意しておきたいのが、「どのポイントが還元されるか」ということです。

ポイントと言っても現金相当で還元されることはなく、クレジットカード各社で提携しているポイントとして還元されます。

つまり、還元されたポイントが日常生活で利用しやすいポイントかどうかが重要です。

ほとんど利用できないショップ限定のポイントなら、たとえ高還元でも意味はありません。

そのため、高還元率クレジットカードを選ぶ際は、還元率に加え、どの種類のポイントが付与されるのかをチェックしましょう!

【第1位】楽天カード(楽天スーパーポイント)

楽天カード

  • 10年連続クレジットカード業種第1位
  • 累計発行枚数1600万枚
  • 6人に1人が持つ定番のクレジットカード
還元率 年会費
(初年度)
年会費
(2年目〜)
ポイント 国際ブランド
1%〜4% 無料 無料 楽天スーパーポイント VISA、Master、JCB
家族カード 電子マネー ETC 付帯 審査難易度
あり
(年会費無料)
楽天Edy 500円 海外旅行保険
Apple Pay 他
低い

楽天カードは、今や誰もが一枚は持っていると言われている大人気カードです。

その人気の理由は、「お得さ」につきます。

楽天カードには通常の還元率の他に、楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルなど、楽天グループの利用時には還元率が最大で4.0%以上になるなど、他のカードにはない高還元率になるお得なカードです。

楽天のヘビーユーザーにとってはマストなカードですが、楽天スーパーポイントは様々なお店で利用できるため、楽天市場を普段利用しないユーザーにも便利な一枚。

海外旅行保険など様々な保険が付帯していますし、年会費も無料なので、「とりあえず持っておこう!」というユーザーが多いのも特徴です。

楽天カードの詳細を見る

【第2位】ヤフーカード(YAHOO! JAPANカード)(Tポイント)

Yahoo! JAPANカード

還元率 年会費
(初年度)
年会費
(2年目〜)
ポイント 国際ブランド
1%〜3% 無料 無料 Tポイント VISA、Master、JCB
家族カード 電子マネー ETC 付帯 審査難易度
あり
(年会費無料)
Suica
ICOCA
nanaco
500円 カード付帯保険
Apple Pay 他
普通

第2位のヤフーカードは比較的新しいカードですが、最近人気が出てきており、顧客満足度調査においても、第1位:楽天カード、第2位:JALカード、第3位:ヤフーカードとなっており、堂々の第3位にまで上がってきています。

人気の理由は、楽天カード同様、高還元ポイントが手に入るという点です。

楽天カード同様、業界最高水準の1%のポイント還元。

それにYahoo!ショッピング利用時には、ポイント還元率が2.0%になり、さらにYahoo!ショッピングによるポイント分が1.0%追加され、最低でも合計3.0%という高還元率になるので、ネットショッピングユーザーには大きな魅力です。

ただ、ヤフーカードの魅力はYahooショッピングだけではありません。日常生活での普段使いもかなりお得。

それは、付与されるポイントが「Tポイント」だからです。楽天市場などでしか利用できない楽天ポイントと違い、Tポイントは使えるお店が全国に3万店舗以上あります。

「貯まりやすい」&「使いやすい」の両どり出来るカードです。

ヤフーカードの詳細を見る

【第3位】リクルートカード(リクルートポイント)

recruitcard

還元率 年会費
(初年度)
年会費
(2年目〜)
ポイント 国際ブランド
1.2%〜4.2% 無料 無料 リクルートポイント VISA、Master、JCB
家族カード 電子マネー ETC 付帯 審査難易度
あり
(年会費無料)
Suica
ICOCA
楽天Edy 他
無料 海外旅行保険
Apple Pay 他
普通

リクルートカードは年会費が1.2%と最高レベルの還元率。

また、クレカ利用で貯まる「リクルートポイント」は、ローソンなどで利用できるPonta(ポンタ)に交換できるので、使い勝手が良いカードです。

さらに、各種電子マネーに対応していることから、コンビニをはじめ、日常生活での支払いに便利なカードであり、「常に高還元なカードで決済したい!」とお考えの方にとって、リクルートカードは非常に使える1枚です。

リクルートカードの詳細を見る

年会費1万円で持てるステイタスを感じたいハイクラスなカード

接待や営業が無い公務員でも、いざという時に「ハイステイタスなクレジットカード」を利用すると、自分がハイクラスになった気持ちになります。

年会費は1万円程度必要ですが、ハイステイタスなクレジットカードには、年会費以上のメリットに加え、メンタル的な豊かさを味わえます。

30代になったら1枚は財布に入れておきたいカードです。

【第1位】アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード

アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード

アメリカン・エキスプレス・グリーン・カードの詳細を見る

【第2位】三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードの詳細を見る

【第3位】セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細を見る

マイルを貯めたい旅行好きの方に人気のカード

マイルが貯まるクレジットカードを選ぶポイント

マイレージサービスを利用するためのマイルを貯めると言っても、航空会社ごとでマイルは異なります。国内の航空会社は主に4つです。

  • ANA(全日本空輸) ANAマイレージクラブ
  • JAL(日本航空) JALマイレージクラブ
  • デルタ航空 スカイマイル
  • ユナイテッド航空  マイレージプラス

「ANAのマイルを貯めれば、ANAの航空券に換えられる。JALならJAL」という風に、各社で貯めたマイルは、その系列の航空券にしか利用できません。

そのため、普段利用する航空会社のマイルを貯めやすいクレジットカードを選ぶのがベストです。

なお、貯めたマイルが、各航空会社に交換可能なクレジットカードもありますので、このようなクレジットカードを利用すると、効率よくマイルが利用できるのでおすすめです。

あと注意すべきポイントは、

  • マイルの有効期限
  • 他のサービスへのポイント移行
  • ポイントの貯まりやすさ(ショッピングでのポイント付加)

などです。

【第1位】アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

マイル還元率 年会費
(初年度)
年会費
(2年目〜)
マイレージ マイル
有効期限
1.0〜3.0% 10,000円 10,000円 15社に交換可 無期限
家族カード 電子マネー ETC 海外旅行保険 審査難易度
あり
(5,000円)
楽天Edy
QUICPay
無料 最高3,000万円 普通

マイルを貯めるベストカードは「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」です。

その理由は、

  • 還元率は1.0%
  • 航空券の決済なら3.0%の高還元率
  • 15の航空会社のマイレージに交換可
  • マイルの有効期限がない

という他には無い特徴があるからです。年会費が1万円必要ですが、「高還元率&複数のマイレージサービスに交換&無期限」という、これほど有利な条件のクレジットカードは他にありません。

さらに、海外旅行で力を発揮するハイステイタスカードのアメックスカードなので、空港のラウンジ利用や旅行保険等も充実。

海外旅行好きの方は、必携の1枚です。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの詳細を見る
スカイトラベラーカードを作る前に

「マイルが一番貯まるクレジットカードはスカイトラベラーカードってわかったけど、年会費を払ってまで作りたくないよ!」と言う方は、個人ブロガーが運営している次の記事をチェックしてみてください。

特に類似カードと比較しながら、スカイトラベラーカードの魅力を紹介している記事は必見です。参考になる部分が多い記事です。

→【審査は?入会キャンペーンは?】スカイトラベラー申込時の11個の質問(OneStep)

【第2位】MileagePlusセゾンカード

MileagePlusセゾンカード

マイル還元率 年会費
(初年度)
年会費
(2年目〜)
マイレージ マイル
有効期限
1.5% 6,500円 6,500円 ユナイテッド航空 無期限
家族カード 電子マネー ETC 海外旅行保険 審査難易度
あり
(年会費無料)
iD
QUICPay
無料 最高3,000万円 普通

MileagePlusセゾンカードの魅力は、還元率の高さと年会費の安さです。年会費は1,500円となっていますが、この場合のマイル還元率は0.5%です。

ただし、マイルアップメンバーズ(年会費5,000円追加)に加入すると、マイル還元率が1.5%になるため、マイルを貯めたい方は必ず加入するようにしましょう。

また、ユナイテッド航空のマイレージはスターアライアンス各社のマイレージと交換可能なので、全日空(ANA)を利用する方にも使い勝手が良いカードです。

MileagePlusセゾンカードの詳細を見る

【第3位】ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

マイル還元率 年会費
(初年度)
年会費
(2年目〜)
マイレージ マイル
有効期限
2.0% 7,000円 7,000円 ANA(全日空) 無期限
家族カード 電子マネー ETC 海外旅行保険 審査難易度
あり QUICPay 無料 最高3,000万円 普通

第1位で紹介したアメックスカードに引き続き、第3位でもアメックスカードを紹介しますが、こちらは全日空(ANA)に特化したカードです。

マイル還元率が2.0%と高く、信頼のアメックスブランドなので、「ANAしか利用しない!」という方にはお得なカードです。

ANAアメリカンエキスプレスカードの詳細を見る

特徴的なサービスがあるお得なカード

次は、特徴的なメリットをもつクレジットカードを紹介します。全て年会費無料なので、使い方によっては、上記で紹介したクレジットカードよりもお得に活用できるので、チェックしてみてください。

【資産運用向け】インヴァストカード

インヴァストカード

2017年7月に新たにリリースされたクレジットカードが、「ある特定の条件に合致する場合」に限り、楽天カード以上のメリットを兼ね備えたものとなりました。

そのカードとは、インヴァストカードです。

インヴァストカードのポイント還元率は楽天カードと同様の1.0%ですが、楽天カード以上の魅力は、ポイント還元の仕組みにあります。

インヴァストカードの利用によって貯まったポイントは、そのまま投資資金(投資信託)の原資となり、自動的に資産運用される仕組みです。

インヴァストカードの詳細は、「クレカポイントだけで資産運用?楽天カードを超えるインヴァストカードが凄い!」で解説していますが、

  • ポイント還元率が1.0%と高還元
  • 手続き不要でポイントが投資用資産に移管される
  • 投資資金に自動変換されるので、ポイント失効の恐れなし

などの魅力があります。特にポイント失効がないのは大きな魅力です。

投資用資金に移管されると言うことは、「クレカを使えば、そのポイントが自動的に運用資産に変わる」ので、原資0(ゼロ)で資産運用ができるのです。

では、どのような方にオススメかというと、

  • 毎月のクレジットカード支払額が3万円以上(理想は5万円以上)
  • ポイントが還元されて、そのポイントを即座に使う必要性はない
  • 資産運用に興味がある
  • 他のクレカのポイントを期限切れで失効させたことがある

上記のような条件に該当する方は、「インヴァストカード」が最もお得なカードと言えるでしょう。

ただ、「資産運用には興味ないよ!」という方は別に持つ必要のないカードですね。

インヴァストカードの詳細を見る

【イオンユーザー必携】イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

大手ショッピングモールであるイオン(AEON)が発行するイオンカードセレクトというクレジットカード。

こちらのイオンカードは、イオンでのお買い物の時に力を発揮するのはもちろんのこと、それ以外にも大きなメリットがあるのです。まずは、メリットをまとめてみますね。

  • 年会費が無料
  • ポイント還元率が0.5%
  • WAONにチャージでも0.5%付与なので合算して1%還元
  • 毎月20日・30日はイオンで5%オフ
  • ピュアウォーターが無料
  • ショッピング保険付き!
  • イオンの駐車場無料サービス付き(重要)
  • イオン銀行の普通預金金利がアップ

このように、イオンカードのメリットはたくさんあります。特に普段からイオンを利用している方なら、家族で1枚は必ず持っておいた方がいいでしょう。

イオン特有の「レジカウンターの長蛇の列」に並ばなくても、セルフレジ決済できますし、とっても楽なWAON支払いもできちゃうからです。

もちろん、クレジット機能付きのイオンカードを持っていなくても、普通のWAONカードがあればイオンでは楽しくお得に過ごせますが、クレジット機能付きのイオンカードセレクトには、かなりお得なサービスが付随しています。

そのサービスとは、イオン銀行の普通預金金利がアップすることです。

イオンカードセレクトを持っていれば、イオン銀行での普通預金の預入れ金利が0.10%になるのです。現時点の都市銀行(三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行)やゆうちょ銀行の普通預金金利は0.001%であることを考えると、100倍の金利になるのです。

イオンカードセレクトを使ってお得な方は、

  • 貯金の預入れ先がなくて困っている
  • イオンでの買い物が多い
  • ネットショップよりリアル店舗での買い物が多い

こういった方にはイオンカードを作ってみてもいいでしょうね。

イオンカードセレクトの詳細を見る

【無印良品好き必携】MUJIカード

MUJIカード

愛好家が多い無印良品の専用クレジットカードがMUJIカードです。

MUJIカードの詳細を見る

まとめ

これまでに紹介したクレジットカードには、年会費やポイント還元率などの他にも、様々な特徴の違いがあります。

ご自身のニーズに沿ったクレジットカードを選ぶことは重要ですが、公務員のあなたは、複数のクレジットカードを申し込みできる安定した身分であることから、気になるカードが複数あるなら、全て申し込みすることもできます。

ちなみに、管理人の私が選ぶクレジットカードは、

この3枚です。この3枚があれば、生活の全てカバーできるので私のニーズは満たされます。

迷った方は、上記の3つから検討してみてください。

>>トップぺ戻る

スポンサーリンク

このブログを書いている人
ワハハハハ〜!

shiro
shiro
FP資格アリの現役公務員

ある都市の現役地方公務員の30代既婚男性です。年収650万円に加え、副業で約1900万円を稼ぎ、年収が2500万円を超えました。

このブログでは、そんな私の「お金に対する考え方」を投稿しています。

稼ぐよ〜^^

このブログにはコメントを残せます

この記事に関する感想や質問、ご意見など、なんでも結構ですので、コメントを残してくださいね^^

もちろん匿名でOKです。

頂いたコメントには2日以内に返信させていただきます。
(コメントはこの記事の下にあるコメント欄から送信できます。)

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

CAPTCHA